友だち情報欄の使い方

友だち情報の使い方を説明します。

友だち情報では、[name]タグと同様に、友だちによって情報を自動で変えて入力できる文字列を指定できます。

 

手順

今回は、それぞれの友だちに合わせてメールアドレスを入力する場合を想定します。

1 左側のメニューバーの【友だち情報欄管理】をクリックし、友だち情報画面を開いたら、

+新しい友だち情報欄】ボタンをクリックします。

 

2 友だち情報欄名を入力し、種別を設定します。

種別は標準・長文・画像・PDF・選択肢の4種類から選択することができます。

標準文字数制限:200文字 CSVインポート可能
[友だち情報欄名]でメッセージへの挿入可能

長文文字数制限:20000文字 CSVインポート可能
[友だち情報欄名]でメッセージへの挿入不可

画像サイズ制限:10MB
[友だち情報欄名]でメッセージへの挿入不可

PDFサイズ制限:10MB
[友だち情報欄名]でメッセージへの挿入不可

選択肢文字数制限:200文字(各選択肢) CSVインポート可能
[友だち情報欄名]でメッセージへの挿入可能

 

3 種別「選択肢」を選択時のみ、次ページで各選択肢の内容を決定し、カラーをつけることができます。

カラーはこのように表示されます。

4 種別で「標準」「選択肢」を選択した場合、既定値に任意の文字列を入力します。

規定値は、[友だち情報欄名]でテキストメッセージに情報を挿入する際、情報未登録の時に表示される値です。

 

5 分類を選択します。

分類(フォルダ分け)する必要がある場合、あらかじめ作成しておく必要があります。

また、ここで作成したフォルダ名が個人詳細のタブ名で個人詳細画面のタブとして表示されます。

入力が完了したら【更新】ボタンを押します。

 

6 友だちの個人画面を開きます。
すると、先ほど友だち情報登録した【メール】の項目が出現しています。分類に入れていない場合は、
【友だち情報(未分類)】タブに追加されます。
友だち情報を編集する場合は、【友だち情報編集】ボタンをクリックします。

 

7 友だち情報を編集する場合は、項目を編集後、【保存】ボタンを押します。

 

8 メッセージで[友だち情報欄名](今回の場合は[メール])と入力してメッセージを送信すると、
自動でメールアドレスが代入されて送信されます。

 

友だち情報の使い方は以上です。

リッチメニュー制作代行サービスバナー_19夏_02